--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月14日 (02:25)

「新聞大賞への道」の見どころ~その1

どーもー、黒チルです。
今回は、新聞大賞への道、どういうゲームなのか見どころを説明します。

まず新聞を書きたい所ですが、ネタがないと何もかけません。
まずはネタを探しに行きます。

●その1 ネタ探し
20141114_01.png
まずはフィールドに出て適当にネタを探します。
といっても諸事情により幻想郷の女の子のネタは書けないので、
そこら辺に転がってる何かを撮ってきます。
一つ撮る毎に、経験値がちょびっと手に入ります。

この時、探索レベルが高いと質の良い素材が手に入る事があります。


●その2 新聞を書くネタを決める
20141114_02.png
手に入れたネタを元に、新聞を書きます。
ネタは同時に5個まで載せる事ができ、新聞の完成度と1部毎の単価に関わってきます。

この時、起稿レベルが高いと、質の良い素材の潜在値を最大限行使出来ます。
起稿レベルが低いとちょっと勿体無いという訳ですね。


●その3 発行する部数を決める
20141114_03.png
出来上がった新聞を発行します。
いくら頒布出来そうか、所持金と相談しながら決定して下さい。
お金が増えるか減るかはあなた次第です。
あえて発行しない、という選択肢もありです。


●その4 頒布する
20141114_04.png
新聞を実際に頒布します。
ここまで来たら何もすることはありません。祈るだけです。
売れた数によって、所持金、評判、経験値などが増えたり減ったりします。


という事を繰り返しながら、評判を増やすというのが目的の一つとなります。
最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると面白いように数字が上がっていくので楽しいですよ!
スポンサーサイト
FC2カウンター

苺兄貴のホームページ

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

Twitter

RSS

Appendix


苺坊主(姉妹サークル)

ショップ委託

はちみつくまさん



現代のRPGが忘れてしまった楽しさを凝縮した、現代技術のオールドRPG。

幻想郷のありふれた日常を描いた超ハートフルボッコメディ【キャスト】佐藤聡美、日笠陽子、真田アサミ、桑谷夏子、米澤円、加藤英美里、長谷川明子、仁後真耶子

リンク

上海アリス幻樂団

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。