--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年11月26日 (23:34)

秋季例大祭お疲れ様でした&「新聞大賞への道」取説について

どうも、黒チルです。
まずは、秋季例大祭、お疲れ様でした!
既にクッキークリッカー状態になるまで遊んで頂いている方も
居るようで、作者冥利に付きます!

ただ、取説用意すると言っておきながら、同梱していないという失態もございました。
大変恐れいりますが、当エントリーにおいて補足させて頂きます。

以下、取説です。
スポンサーサイト

2014年11月21日 (04:10)

「新聞大賞への道」の見どころ~その2

どうも、黒チルです。

例大祭まであとちょっと、ですね
今回は見どころその2と題しまして、イベントシーンについてお話します

20141121_01.png

このゲームでは、文ちゃんを含め、大体10人前後ぐらいのキャラクターが登場します!
そして、そのキャラ達との会話がたくさんあります!
(今数えたら、大体450パターンぐらいありました)
手前味噌ですが、多少は面白い雑談イベントになってるので、ここも見どころと致しますよー

会話することによって、そのキャラクターとの交友が高まって、
アイテムが貰えたり?新聞作成を手伝って貰ったり?するかもしれませんね

2014年11月14日 (02:25)

「新聞大賞への道」の見どころ~その1

どーもー、黒チルです。
今回は、新聞大賞への道、どういうゲームなのか見どころを説明します。

まず新聞を書きたい所ですが、ネタがないと何もかけません。
まずはネタを探しに行きます。

●その1 ネタ探し
20141114_01.png
まずはフィールドに出て適当にネタを探します。
といっても諸事情により幻想郷の女の子のネタは書けないので、
そこら辺に転がってる何かを撮ってきます。
一つ撮る毎に、経験値がちょびっと手に入ります。

この時、探索レベルが高いと質の良い素材が手に入る事があります。


●その2 新聞を書くネタを決める
20141114_02.png
手に入れたネタを元に、新聞を書きます。
ネタは同時に5個まで載せる事ができ、新聞の完成度と1部毎の単価に関わってきます。

この時、起稿レベルが高いと、質の良い素材の潜在値を最大限行使出来ます。
起稿レベルが低いとちょっと勿体無いという訳ですね。


●その3 発行する部数を決める
20141114_03.png
出来上がった新聞を発行します。
いくら頒布出来そうか、所持金と相談しながら決定して下さい。
お金が増えるか減るかはあなた次第です。
あえて発行しない、という選択肢もありです。


●その4 頒布する
20141114_04.png
新聞を実際に頒布します。
ここまで来たら何もすることはありません。祈るだけです。
売れた数によって、所持金、評判、経験値などが増えたり減ったりします。


という事を繰り返しながら、評判を増やすというのが目的の一つとなります。
最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると面白いように数字が上がっていくので楽しいですよ!

2014年11月08日 (07:33)

「新聞大賞への道」紹介~ゲーム画面

どうも、黒チルです!

先日、例大祭に向けてゲームを開発中とお伝えした通りですが、
ちょっとだけ、先に画像を公開します。

の前に、ゲームタイトルですが、もう記事名に書いてますが決定してました。
「東方文々。新聞 ~新聞大賞への道~」

私の独断で勝手に決めました。


画像1.タイトル画面
20141108_01.png
※画面は開発中の物です
というか体験版って堂々と書かれています。
実はこの体験版、お世話になっている&姉妹サークル、苺坊主のおまけDISKに大分前に入れて貰った経緯があります。

画像2.ゲーム画面
20141108_02.png
こちらゲーム画面ですが、これだけみてもよくわからないと思います。
説明は待て、次回!

2014年11月02日 (17:09)

新聞企画 再開のお知らせ

どうも、黒チルちゃんです。
えーなんと言ったらいいのでしょう。

長らく音沙汰無かった苺兄貴ですが、11/24の秋季例大祭での作品頒布に向けて動きます!
出すのは新聞を書くゲームです。

とりあえず今回はさわりだけ。
後日、ちょろちょろとお話していこうと思いますので、何卒よろしくお願いします!
FC2カウンター

苺兄貴のホームページ

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

Twitter

RSS

Appendix


苺坊主(姉妹サークル)

ショップ委託

はちみつくまさん



現代のRPGが忘れてしまった楽しさを凝縮した、現代技術のオールドRPG。

幻想郷のありふれた日常を描いた超ハートフルボッコメディ【キャスト】佐藤聡美、日笠陽子、真田アサミ、桑谷夏子、米澤円、加藤英美里、長谷川明子、仁後真耶子

リンク

上海アリス幻樂団

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。